Ancient Aquarium

エインシェント・アクアリウム

Grade 2.5
Performance Time: 6'00"

[International]
Bravo Music

[Japan]
Brain Music

      





In February 2023, I saw the news that a giant penguin fossil had been found on the coast in New Zealand. This seemed a good source idea for music, and then Brain approached me about doing a new piece. What if extinct marine life was collected in an aquarium? I decided to compose a suite about it. I asked Chat GPT what kind of animals would be suitable for this theme, several candidates were suggested, and finally I decided on this four movement suite.

I. Ammonite : Architects of the Sea
Ammonites were the most prolific marine organisms at the time they existed. They played a significant role in marine ecosystems and contributed to the evolution of many organisms. Because they are thought to have been structured to reproduce very efficiently and their habitats were widely distributed, ammonite fossils continue to be an important source of information for scientists studying the history of the oceans as an index fossil.

II. Scaumenacia : Silent Predator of the Deep
It was a lungfish with lungs, belonging to the group represented by coelacanths, which are also called living fossils, of which are currently only six species in the world. This species was discovered in the Devonian layer in Miguasha National Park, Canada. They are characterized by a graceful and large dorsal fin. It is speculated that this fin helped stabilize their bodies and change direction, and it is believed that they slowly swam on the surface and bottom, searching for prey.

III. Kumimanu : The Giant Penguins Strut
Fossil remains of a giant penguin was discovered at Hampden Beach, Otago, New Zealand. Estimated from wing and leg bones, it weighed about 100 kg and was 1.7meters long. This is one of the oldest penguin fossils discovered so far, indicating that penguins became huge not long after becoming flightless seabirds. Their large bodies were believed to have been advantageous for diving deeper for long periods to catch fish and other prey. Their extinction is thought to have been caused by the rise of mammals such as whales and seals.

IV.Dorudon : The Fearless Glide Through Waters
Dorudons are genus of cetaceans that lived during the Eocene epoch, approximately 41 million to 33.9 million years ago. They are about 4 to 5 meters long, and had muscular, streamlined bodies similar to dolphins and sharp teeth to catch fish and other small prey. Although not suited for land, they had four limbs, which may have been used to improve swimming stability. It is estimated that they swam relatively fast, up to 25 mph (40 km/h).


2023年2月、ニュージーランドの海岸で巨大なペンギンの化石が見つかったというニュースを見ました。これはいつか曲の題材に使いたいと考えていたところ、ブレーンから新作の打診をいただきました。かつて地球上に繁栄していたものの現在は絶滅してしまった海の動物が、もし水族館にいたら。そんな設定で組曲を書くことにしました。作曲にあたり、ChatGPTでほかの楽章にはどんな動物が相応しいか相談を投げかけたところ、いくつかの候補が出され、最終的に4つの楽章で構成することにしました。

I. アンモナイト : 美しき螺旋を創造する
アンモナイトは、存在していた当時、海洋で最も?栄した生物でした。また海洋生態系に重要な役割を果たし、多くの生物の進化に貢献したとされています。非常に効率よく繁殖できる構造を持っていたと考えられ、その生息地が広い範囲に分布していたため、アンモナイトの化石は示準化石として海洋の歴史を研究する科学者にとって今でも重要な情報源であり続けています。

II. スコーメナキア : 暗闇を優雅に追躡(ついじょう)する
生きた化石とも呼ばれるシーラカンスなどに代表される肉鰭類(にくきるい)に属している魚で、現在は世界中に6種しか存在していない、肺を持った肺魚でした。カナダ・ミグアシャ国立公園内のデボン紀の地層から発見された種で、優雅で大きな背びれが特徴の魚です。その大きな背びれが身体の安定と方向転換に役立ったと推測され、ゆっくりと水底表面を泳ぎ、獲物を探していたとされています。

III. クミマヌ : 巨大ペンギンは地上を闊歩する
ニュージーランド南島オタゴのハンプデンビーチで発見された、巨大ペンギンの化石。翼と脚の骨から見積もると、体重は100kg程度、体長は1.7mあったとされています。これまでに発見されているペンギンの化石の中では最古級で、ペンギンが飛べない海鳥になってほどなく巨大化していたことがわかります。その大きな体は、より深く長時間潜水し、魚などの獲物を捕らえるのに有利だったとされます。絶滅はクジラやアザラシなどの哺乳類が台頭したのが原因ではないかと考えられています。

IV. ドルドン : 昂然と大海を邁進する
約4,100万年から3,390万年前の始新世に生息していた、始生動物のクジラ目です。 体長は通常約4~5メートル、イルカに似た筋肉質な流線型の身体と鋭い歯を持ち、魚などの小さな獲物を捕まえていました。陸上には適さないものの4本の手足を持っており、泳ぎの安定性を高めるために使用されていたのではないかと考えられています。比較的泳ぎが速く、最大時速25マイル(時速40キロ)程度の速度で泳ぐことができたと推定されています。